北九州市戸畑区で注文住宅を設計建築する 株式会社𠮷田工務店

私についてABOUT ME

HOME私について

家造りにはとても大きな決断が必要です。
𠮷田工務店がどんな家を建てるかどうかという事も重要ですが、
私がお客様の信頼に足る人物か、気持ち良くつきあえる人間かどうかが
とても重要な要素になるのではないかと思います。

そのためにも、とても恥ずかしい内容ではございますが、
私、吉田の自己紹介をさせていただきます。
これがお客様の決断の一助なれば幸いです。

嘘のような本当の名前「匠」

改めましてこんにちは。株式会社𠮷田工務店の代表 𠮷田 匠(よしだ たくみ)と申します。
よく営業用の偽名かと疑われますが、本名です。

1982年9月15日生まれ。「人の上に立つ人間になってほしい」との想いから師匠の「匠」を名前にしたと聞いています。祖父と父どちらも大工であり、私は独立はしてはいますが一応三代目!?(祖父が1950年頃に𠮷田工務店創業)、、ということになります。

モノづくりが大好きな幼少期

幼少期はとにかく、積木、ブロックが大好きで、時間を忘れて遊んでいました。祖父の倉庫に行って残材で遊び、よくすいばりが刺さっていた記憶があります。

歌や踊る事も好きで、音楽番組で見た踊りを真似ては、先生に披露していました。
このころ好きなアーティストはマイケルジャクソン。マセた幼児ですね。

小学生になるとブロック遊びからプラモデル作りへと興味が移りました。この時代の男の子といえば「ガンプラ」です。とにかく、車とガンダムのプラモデルをお小遣いを貯めては買い、貯めては買い。。。部屋中にプラモデルが溢れかえっていました。好きな科目は?と聞かれれば、もちろん「図画工作」と即答できるほど、モノづくり大好きの幼少期でした。

小学校も高学年になると、父親が大工職人をする前にプロミュージシャンだった影響もあり、興味は音楽、ギター演奏とかわっていきました。この頃聞いていたのはリーリトナーやジョージベンソン。ビビっと来るものを感じで「こんなのを演奏したい!」という一心から、モノづくりからギター一筋に変わっていきました。

音楽にどっぷりの中高生時代

中学生になると、好きな音楽もロック調の物も聞くようになりました。ここで出会ったのがレッドツェッペリンのジミーペイジ。これまたとてつもなくビビっと来て(笑)、より深く、どっぷりとギターに魅了されていきました。

中学の高学年あたりから世間がバンドブームということもあり、同級生とバンドを組んだり先輩のバンドをお手伝いしたりと、色々なバンドに参加しました。正直、中高生時はギターと過ごした記憶しかありません。。。

高校卒業後進路は音楽系の専門学校へ。何故か専攻はレコーディングエンジニア科……。プロの方の一音を聞いて自分との圧倒的な差を感じ、自分の限界を知ったことから、あれだけ魅了されていたギターを辞め新しいジャンルに挑戦する事になりました。ここで学んだ事が、音響システムの配線工事。まさかこの時の知識がホームシアターの構築などに生かされてくるとは、、、考えもしませんでした。

大工職人という仕事との出会い

この頃から夏休みだったりと長期のお休み時に父のお手伝いをするようになりました。
ここまでほぼほぼ音楽しかしていなかった私の人生でしたが、ここではじめて大工職人という仕事に出会う事になります。

忘れかけていた「物づくりの楽しさ」を再確認。お手伝い程度ではありましたが、この数ヶ月が貴重な経験となり、卒業後の進路選択に大きな影響を与えました。

このまま音楽人として生きていくのか、大工職人としていきていくのか。はじめて人生の岐路にたった私が選んだ道は………もちろん、大工職人の道でした。

本格的に修業を開始。父親が師匠へと変わった瞬間です。ここからしばらく、本当に大変な修行の日々が始まります。ゴミ拾いから始まり、道具の名前を覚え、重たい材料を運んだり。。。最初の数年は電動工具すら待たせてもらえない日々が続きます。怒られても辛くても「一人前の大工になりたい」その一心で、くらいついて努力していました。今にして思えば、厳しく指導してくれた父には感謝しかありません。

ちなみにこの頃の趣味はサーフィン、スキムボード。真冬の夜明けもなんのその!今思えばよく行けてたな〜と思います。自然の美しさ、波の力強さ、そして一体感。弊社の木造へのこだわりや自然が作るものへの敬愛は、波が教えてくれたのかもしれません。

品質を追求できないもどかしさ

独立前の仕事内容はハウスメーカーの下請けを基本に、父の工務店のリフォーム工事・店舗工事など、大工工事に関する仕事を色々と経験させて頂きました。

ただ、時代の流れで単価下落・工期短縮がより厳しくなり、「良い物をつくりたい」という思いよりも「いかに効率的に工期内に完成させるのか」が優先されるようになります。本来私のやりたかった「物づくり」の想いと、大きなずれを感じるようになりました。

この頃現場では、お客様の注文が現場の職人に伝わっていないというお声を聴いたりすることもありました。そういった経験から、本業は「大工職人」ですが、そこに「設計・プランニング」の知識があれば、必ずお客様にとってプラスになれると考え「2級建築士免許」取得の為に学校に通う事にしました。

全ての経験が、こだわりの家づくりに繋がっている

学校では「妻」との運命的な出会いがありました。詳しくは割愛(笑)させていただきますが、「2級建築士免許」を取りに行ったのか「妻」に出会いに行ったのか、、、「妻」にという事にしておきます。

今では2級建築士の妻にプランを確認してもらい、「動線がダメ!」など厳しくご指導頂きながら、お客様にとってより良いプランを「大工目線と建築士目線」に加え「男性目線と女性目線」で考えさせて頂いております。 ちなみに最近の趣味は妻とサイクリングです。

改めて自分の人生を振り返った時、今の仕事とは無縁な感じを受けますが「全ては今に繋がっているな」とつくづく感じます。音楽は人の感情を動かすもの。衣食住も本当に良いものに出会ったとき、人は感情を動かされます。

素敵な空間で着飾って、おいしい物を、いい音楽と共に。

「人生無駄な事は何一つない」とよく言われますが、これまで経験してきたすべての知識が「職人こだわりの家づくり」というフィルターを通してあなたのお役にたてば、これほど嬉しいことはありません。

大工修業期間10年を経て2013年創業。
2017年、株式会社 𠮷田工務店設立となりました。