𠮷田工務店 職人こだわりの家づくり

メニューを閉じる

ブログ

北九州市近郊物件②

Date:2018年9月8日 / Category:日々の出来事

~土台敷~

基準の墨を打った後、アンカーボルトの位置を土台材に印して、

ドリルで掘っていきます。

簡単に掘っているようですが、意外と職人技になります。

弟子の頃「真直ぐに掘れてないぞ~!!!」

とよく怒られていました。。。


真直ぐに掘らないと土台材を固定する際に材内でアンカーボルトに当たり、

基準の墨に土台材が合わない恐れがあります。


土台材を基礎に固定する前に「基礎パッキン材」を敷きます。

住宅の荷重を基礎全周で受けることができ、床下の換気を効率よくできるので

この部材を使用しております。

柱の下(荷重を受ける)部分のみに敷く方法もあるのですが、

当社では基礎全周に敷いております。

基礎パッキン材を敷いた後土台材を基準線に沿って固定していきます。

この固定も重要なポイントとなります。

水平な基礎の上に正しい位置で土台材を固定すれば、

精度の高い「水平、垂直なお家」が建つのです。

柱が建つ前に土台材の横から是非、見てみてください。

真直ぐに土台材が通っているのかよく見えます!

 

北九州市近隣物件①

Date:2018年9月1日 / Category:日々の出来事

~土台敷~

基礎完成後、上棟前準備として土台敷作業を行います。

どれだけ大工さんの腕が良くても基礎の精度が悪ければ良いお家は出来ません。

基礎天板は水平になっているのか、お家の角は90度になっているのか。。。

この二点が本当に重要となります。


基礎の横から見て頂くと天板がいかに水平かがよく分かります。

基礎の上に家が建つので水平精度は非常に重要です。


基礎に土台材の基準となる墨を打っていきます。

土台材105mm基礎幅150mm

基礎の角が90度でなければ基礎の芯に対して土台材が芯にきません。

ここも重要なポイントとなります。

 

お家が完成するまでの日数は木工事が多数を占めますが、

実は基礎工事は一番と言っていいほど重要な工程となります。

「オシャレは足元から」「お家は基礎から」

お家を建てる際は少し気にして見てみてください。

 

 

 

台風も過ぎ去り、熱気も一緒に連れ去って!

と思いますがまだまだ暑い日が続きます…

工事業者の皆様!

健康第一・安全第一で夏を乗り切りましょう。

 

さて、、、

吉田工務店の「こだわりのお家づくり」をブログにてお届けしようと思います。

木造在来工法のお家がどのように建築されているのか、

「良いお家」「精度の高いお家」とは何なのか。。。

図面は同じでも仕上がりは職人さんの技術力の差で大きく違ってきます。

「吉田工務店のお家」は大工職人である私が職人目線で間違いのない腕の職人さんに

お手伝いをお願いしております。

※大工工事以外。

自分の仕事にプライドを持っている職人さんの想いの詰まったお家づくりも

お届け出来ればと思います。


最後に、、、

ブログ掲載を快く受けてくださった〇様。

本当にありがとうございます。

いよいよ木工事が始まります。

色々と考え抜いて出来た図面がいよいよ形になっていきます。

お引き渡し時に笑顔でお引き渡しできるよう、

精一杯トンカンさせて頂きます。

よろしくお願い致します。             吉田 匠

 

まだまだ暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。。。

8月19日「あすか祭り」

お陰様で大盛況で終える事ができました。

たくさんの方にお越し頂き、「感謝!感謝!感謝!」。

本当にありがとうございました。

流しそうめんも大成功を収め、

「流しそうめん屋さんしたらどうですか!?」と言われ半分その気になりつつ、、、

子供たちの驚く顔、楽しそうな顔を見ながら、

とても幸せな時間を過ごす事ができました。

またいつか機会があれば「流しそうめん吉田」としてトンカンさせて頂ければと思います。


※約35m

 


8月4日、5日、わっしょい百万夏まつり。。。

微力ながら協賛させて頂きました。

ゴミはきちんとゴミ箱へ!

という事で、、、

(株)吉田工務店と記載のゴミ箱がどこかに佇んでいます。

見つけられた際は、是非ゴミを入れてあげてください(^^)/

よろしくお願い致します。。。

Category

Archive